原田国際法律事務所

事業紹介

■債権回収

スムーズで確実な債権回収をお約束いたします。

弁護士は、入金の案内、確認、返済条件の変更の取次ぎなど、制限なく債権回収業務を受託できます。内容証明郵便や受任通知兼請求書を弁護士が代理人として送付するだけでも、弁済を得られる場合もあります。また、請求先の会社が倒産しそうなときは、時間との勝負です。弁護士に依頼することで状況に応じて法的手段を利用した対応が可能になります。当法律事務所では、スムーズな手続と回収額にこだわり、依頼者と一緒に粘り強く対応致します。

■企業法務

企業の業態に即した現実的なリーガルサービスを提供します。

先々を見据えれば、どんな形態の会社にするのが正しい選択なのか。会社の設立、登記はもちろん、取引の開始からの運営に関わる業務全般を支援。
また、避けて通れないコンプライアンス(法令遵守、企業統治)への助言から不動産契約・交渉、労務、知的財産権法まで、円滑な会社経営を目的に、企業活動で生じるあらゆる法務問題をサポートします。

■交通事故示談

有利な条件で示談するためのアドバイスをいたします。

突然の交通事故にあった場合、経験のないことで、どうしてよいかわからないことも多いのではないのでしょうか?
交通事故の示談交渉では補償額の算定など多くの専門知識を必要とし、安易に示談してしまっては、本当に必要で妥当な補償を受けられなくなります。
交通事故に遭われたときには、困難をすべてご自身だけで背負い込まず、交通事故の紛争解決を専門とする弁護士に依頼すれば、きっと良い解決の道筋を示してくれるでしょう。 当法律事務所では、もっと有利な条件で示談するためのアドバイスをいたします。
交通事故示談のご相談は汐留事務所までお問い合わせ下さい。
0120-121-202

■相続事案

禍根を残すことなく、 円満な解決へと導くご提案をいたします。

相続は、「争続」や「争族」とも書き表されることがあります。
相続は、ときに親族間で激しい争いを招き、5年、10年と長く続くこともあるため、そのように表現されるのです。 財産が少ないからといって、相続争いとは無関係であるとは限りません。相続人間や配偶者同士が不仲であるといった理由で、少ない財産を巡って骨肉の争いが発生するケースもあります。
また、相続人間の仲が良かったとしても、驚くような内容の遺言が発見され、争いになるケースもあります。
当事務所では、相続発生後の問題だけでなく、遺言の作成や管理など、相続発生前の案件についても積極的に取り扱っております。
また「相続発生前の問題」として「高齢者の財産管理」についてもお引き受けできますので、ご本人のみならずご家族の方からも安心してご相談いただけます。

■顧問契約

継続的に法律相談を お受けすることができます。

「必要なときにいつでも相談をしたい」、「継続的な相談をしたい」、「ホームロイヤーがほしい」という方には、当事務所では顧問契約を用意しております。
月々の顧問料をお支払いいただくことにより、法律相談や簡易な契約書の作成・チェック等が無料になります。
また、他の事件処理を行う場合は、サービス料金にてお引き受けいたします。
なお、事業者の方で経営全般についての継続的なご相談をご希望の方には提携している税理士・社会保険労務士・中小企業診断士などをご紹介いたします。